消費者金融:キャッシングは賢く利用しよう

キャッシングをこれから活用してみたい、という人も多いのではないでしょうか。また今までもキャッシングを利用していた人の中でも、もう少し上手に利用したいな、と思っている人もいるかもしれません。
消費者金融:キャッシング利用のながれについて

キャッシングを上手に活用する方法としては、小さい額だけ融資してもらう方法というのが挙げられます。小さな金額の借入れとなってしまうと、キャッシング会社によっては高金利となってしまう場合もありますが、2万とか3万程度であれば、返済にも時間がかかりませんので、余りナイーブになる必要もありません。

キャッシングで気をつけたいことといえば、完済までに時間がかかってしまうケースです。長期間を見据えた返済の場合は、返済までの時間がかかればそれだけ返済額が大きくなってしまいます。

たとえ低金利だったとしても、長期間の返済は辛いものと考えた方がいいでしょう。キャッシングするのであれば少額のみと自分の中でルールを決めてしまうのがオススメです。ちょくちょく利用することがない人であれば、問題ありません。

それでもどうしても大きなお金を必要とする事がある人もいると思います。そのようなケースでは、銀行系のキャッシングを利用しましょう。

カードローンという名前で、最近では注目を集めていますし、テレビなどを付けていると、深夜ではCMを流しているケースも多いので、聞いたことのある人は少なくないと思います。

名前こそカードローンという名称ですが、ほぼキャッシングと同じような使い方、ルールとなっているので、余り神経質になる必要はありません。

銀行系のカードローンは、消費者金融形のキャッシングと異なり、金利が低いのが特徴となっています。大きな金額を借りる場合は、返済に時間が掛かる事が多いので、なるべく低金利を最優先にキャッシング業者を選択するのがオススメです。

銀行系のカードローンにも、審査が存在しますので、希望者全員が借り入れる事ができるかといえばそうではありません。消費者金融系キャッシング、クレジット会社系キャッシング、銀行カードローンの順に金利が低くなり、審査のハードルは反比例するように高くなるのがキャッシング業界の特徴です。

お金を融資してもらうというのは、大変責任の重いこと、マナーを守ってキャッシングをし、自分のキャパ以上の金額を借りないように気をつけてくださいね。


総量規制について知る

総量規制というものについて聞いたことはあるでしょうか。これはキャッシングをする際に必ず理解しておきたい法律でもあります。

総量規制とは、収入の範囲を超えて借りすぎてしまった際に返済に苦しむ人を減らすために作られた法律のことです。収入に見合わない金額を借りてしまうと、当然ながら返済が困難になりますよね。 そういった人は更なる借金を重ねてしまい、結果的に首が回らない状態になってしまうのです。

こういった被害を減らすために考えられたのが総量規制であるため、貸金業者側としても総量規制の範囲を超えて消費者にお金を貸してしまうと処罰を受けることになってしまします。

具体的にいくらまでならば借りることができるかというのは、年収を基準にして考えられるのですが、キャッシングは年収の1/3までと決められています。

ここで注意しなければならないのが、ひとつのキャッシング業者から借りられるのが年収の1/3の金額というわけではなく、キャッシングの総額が年収の1/3となっているのです。

ちなみに、年収には給与だけでなく不動産所得なども含めて計算することができます。キャッシングの申し込みをする際に、本当は年収が150万円なんだけれどたくさん借りるために嘘を吐いて300万円と申請しよう…と思ってしまう方もいるかもしれません。

ですが、キャッシングの申し込みをする際には年収を証明する書類などを提出しなければならないため、嘘を吐くつくことはできないのです。

1社で50万円以上、他社との合算で100万円以上の申し込みでなければ収入証明は提出しなくてもいいのですが、本人証明書類を提出は必要になります。提出した情報を元に返済能力などを判断されることになるので、嘘を吐いてしまうとあとから大変な思いをするのは自分自身です。

また、理解しておきたいこととして、銀行からのローンやクレジットカードでのショッピング金額は総量規制の対象外となります。そのため、クレジットカードでのショッピング金額が膨らんでしまったという方でも、キャッシングを利用できるでしょう。


キャッシングとキリギリスの脳について

皆さんは無駄遣いを我慢できる方ですか?無駄遣いの多くが衝動買いがきっかけだといわれています。ところで、衝動買いとキャッシングには共通点のようなものが存在しました。その点を踏まえて、衝動買いにまつわる話を少しさせてください。

先日某番組で、人はなぜ衝動買いをしてしまうのか、という理由を脳のメカニズムから導き出していました。

その番組内ではアリとキリギリスという童話を例に出していたシーンがあったのですが、脳には慎重に思考をし、論理的な決定をくだす前頭前野外側部であるアリの脳と、楽しい事や欲しいものがあったときに活発になる線条体腹側部というキリギリスの脳があるとのことでした。

突然「これ欲しい!買っちゃおう!」となった時というのは、後者であるキリギリスの脳が活発になっているからだそうです。そしてショップや販売店などには、脳のキリギリス部分へとアプローチする、色々なからくりが存在します。

そのひとつが、アンカリング効果という効果を活用したセール方法です。初めに書かれていたデータの印象が、その後の情報へと強く影響を及ぼすことを指すのが、アンカリング効果となります。

1万円から5000円へと割引されている商品を買うより、元から5000円の商品を買うのとでは、後者の方が損をしている気分になりませんか?これがキリギリスの脳が活発になっている証拠です。限定品という言葉や、タイムセールという言葉も、衝動買いの背中を押してしまう技術となります。

衝動買いを我慢するのに最適な方法といえば、すぐに買ってしまわずに暫く待って考えてみる方法ですが、限定品やタイムセールなどはそんなことはできません。

この様なときは、「もしもこの商品を自分が購入済みで、値札に書かれている値段で誰かに売って欲しいと言われたら、譲るかどうか」ということを想像してみて下さい。これは「ストレンジャーテスト」と呼びます。

もしも商品を譲れないと思えば、その商品は本当に欲しいものです。逆にお金が手に入るなら譲ってもいい、となるのであれば、買うのは控えた方がいいでしょう。

キャッシングもまた、衝動買いと近い事が考えられます。キリギリスの脳が働いてしまわないよう、計画を立てて融資を受けるようにしてください。自分への投資と、ただの浪費は異なります。キャッシングするときは、そのお金は本当に必要かどうかをしっかり考える癖をつけてしまいましょう。

このページの先頭へ